道北の「食×ものづくり」産業で働く

道北地方とは?

上川地方、留萌地方、宗谷地方に分かれており、北海道の 北部に当たる地域です。一言で道北とまとめられるが、旭 川中心とした上川地方一帯と、最北端の稚内を中心とした 宗谷地方一帯とエリアに分けられる形となります。道北地 方で生活をする場合、基本的には車移動が多くなります。 車以外でのアクセスはというと、上川地方一帯へアクセス する場合、玄関口の旭川空港を起点とし、旭山動物園のあ る旭川市から富良野を経由して札幌市に南下するのがオー ソドックスです。稚内市を中心とする宗谷地方の場合、玄 関口は稚内空港が該当するが直通便の本数が少なく、一旦 新千歳空港を経由する形になります。

道北地域へ移住・定住の取り組み

道北地域の自治体では【移住・定住】に関して、様々な取り組み を行っております。具体的に例をあげると、名寄市では、「お試し移 住住宅」が用意されているため、通常の観光より深いところで土地の 生活を味わうことができます。ひまわりと星が美しいことで有名な 名寄市は、日中も夜も見所が沢山です。幌加内町では、助成金制度 があり、住宅に係る課税標準額の 以内の額で、一〇〇万円を限 度に助成金が交付されます。特別住宅の場合は一五〇万円を限度に 助成金が支払われます。など、道北地域では【移住・定住】に関して様々 な取り組みをしています。町によって自治体の支援制度も様々なの で、気になる町がありましたら、詳しくは自治体ワンストップ窓口 からお問合せください。

道北地域に【住む】

都市部や札幌市と比較して、都会と違い人口密度は低いの で、比較的ゆったりした生活環境がそこにあります。特に 夏は湿度は低く過ごしやすいです。夜も涼しく快適な生活 を送ることができます。また四季がはっきりしていて、自 然が豊かです。山菜取り、釣り、花や紅葉など、道北地方 だからこそ見れるスポットなど数多く存在しています。観 光地や温泉もあちこちにあるのも特徴の一つです。ちょっ とした休日に車で四季を感じるお出かけも豊かな生活を送 るポイントではないでしょうか。

道北地域の【食】

食材が豊富で有名な北海道。北海道は食料自給率が全国一位です。 その中で道北地域は広大な土地を背景にした酪農業、日本海とオ ホーツク海の2つの海を漁場とした漁業を基幹産業にしています。 野菜と海産物が豊富な地域と言えます。都市部や札幌市に比べ、日々 食べる食べ物が安くておいしい。特に収穫期は感じることができる でしょう。自然が多いのどのどかな環境とおいしい食事。子育てに も適している環境だと思います。