ベルシステム24 山本 命さん

Posted on Posted in 人・企業ピックアップ, 道北(上川地方)
山本 命さん
企業 ベルシステム24
部署名 人材の教育担当
名前 山本 命さん
年齢 29歳
勤続年数 2年目


「札幌から旭川へ」

なぜこの会社に就職されましたか?

 私は中学まで地元旭川に住んでおりました。人と接するのが好きで、おじいちゃんおばあちゃん子だった私は、「人の役にたちたい」という気持ちから、剣淵町にある介護を学ぶことができる高校に進学しました。高校卒業と同時にホームヘルパー資格と介護福祉士の受検資格を取得し、卒業後は在学中に実習で訪れていた介護施設に就職し、2年半勤めました。しかし、私が思い描いていた福祉の現場とは違う点も多々あり、退職してしまいました。その後、札幌に住んでみたいという気持ちを以前から持っていたことから、札幌で仕事探しを始めました。今までに経験したことのない、コールセンターでコミュニケーターの仕事に就きました。27歳の頃、親が一人で旭川に暮らしてるということもあり、地元に帰ることを決意しました。求人誌で現在働いている職場を見つけ、札幌のコールセンターでの経験を活かすことができると思い、面接を受けさせて頂きました。

「すんなり馴染めた」

入社してからのことを教えてください。

 新入社員は、まず会社のルールや情報コンプライアンス、応対マナーなどを学ぶ導入研修を受けます。その後、取引先様により取り扱い商品が異なるので、配属された部署の商品知識を学んでいく業務研修を受けます。正しい商品知識を身に着けないと、お客様へ正しい対応ができないので、しっかりと覚えていきます。私が入社当時に配属された最初の業務は、大手百貨店のカタログ販売の受付業務を行い、主にお客様対応を任されていました。札幌のコールセンターでコミュニュケーターとして働いていた経験を活かすことができ、日々の仕事にすんなり馴染むことができました。

「札幌で学んだことを旭川に活かせた」

この会社でどのような仕事をしていますか?

 現在は、研修講師として私も入社当時に受けた導入研修を、入社してくるスタッフに行っています。また、クレーム研修やスキル向上のためのフォロー研修なども行っています。会社全体でコミュニケーターのスキルアップを目指し、施策を考案する部署を発足するにあたり、社内公募で研修講師の募集があり、人と関わることや、教えることも好きなので、立候補しました。札幌のコールセンターで働いていた頃、コミュニケーターを指導するスーパーバイザーの経験があり、札幌で学んだことが旭川に帰ってきて活かせる場所があることに喜びを感じています。コミュニケーターは年齢や性格も様々なので、伝えないといけないことは同じですが、伝え方を変えたりするなど、その人に合った研修を心がけています。

「コミュニケーターのスキルアップが嬉しい」

この仕事のやりがいや魅力はどんなところですか?

 旭川という地域柄なのかもしれませんが、入社時の導入研修の段階で、コールセンターでのコミュニケーター経験者という方が、札幌に比べて極めて少なかったです。私の電話応対に関する研修を聞いて、「やったことないけど、私にもできるんじゃないか」と思ってくれることが嬉しいです。最初の研修を終えて、実務に入った後にコミュニケーターが退社したことを聞くと私の伝え方が悪かったのかなと感じる部分もありますが、私の研修を受けたコミュニケーターが、仕事を続けている姿を見ると嬉しくなります。また、コミュニケーターが実際にお客様の応対をしている音声を聞き、会社の評価基準でチェックを行い、良い部分や足りない部分をコミュニケーターと話し合っていくのですが、私と話し合った後、足りない部分が改善され、スキルアップにつながっていくのを実感する時が、すごくやりがいを感じる瞬間です。

「人間だからこそ提供できるサービスを」

今後この会社でどうしていこうと考えていますか?

 これからの時代に求められるのは人間力だと思っており、コールセンターに限らず、コミュニケーション能力が大事だと思います。AIや機械化が進んでも、共感性、提案、伝え方など、人間じゃないとできないサービスは必ずあると思います。そういった部分をコミュニケーターに伝えていき、表面上ではなく、お客様の心情を読み取ることができるコミュニケーターが増えてくれるように教育を頑張っていきたいです。また、コールセンターという職場で、「ちゃんとお話できるかな」と最初は不安に思う人がいますが、働きやすい環境だと思ってもらえるようにサポートしていきたいです。

ベルシステム24
業種 CRMソリューションに関する、アウトソーシングサービス/テクノロジーサービス/コンサルティングサービス
電話番号 0166-23-8024