㈱とかち帯広ヤマザキ 請川 章裕さん

Posted on Posted in 人・企業ピックアップ, 道東(十勝地方)
請川 章裕さん
企業 ㈱とかち帯広ヤマザキ
部署名 工務課
名前 請川 章裕さん
年齢 24歳
勤続年数 3年


「釧路から帯広へ」

なぜこの会社に就職されましたか?

私は釧路出身で、帯広に移住して働いています。地元釧路では釧路高専に通っていましたが、4年目で退学してしまい、1年間働いていない期間がありました。釧路高専では機械科を専攻しており、ものづくりをしたいと思っていましたが、なかなか自分の希望通りにはいきませんでした。ただこのまま働かないわけにもいかないと思い、釧路で日糧製パン㈱の釧路工場内に札幌パリの工場があり、そこの工務の募集を求人誌で見つけパートとして働き始めました。パート勤務して1年3カ月が経ち、日糧製パン㈱の釧路工場内から撤退と同時に、現在の帯広に移り働いています。

「安定した生産を行えるように」

この会社でどのような仕事をしていますか?

 私が所属している工務課は、機械のメンテナンス保守、蛍光灯の交換、保善作業が主な仕事内容です。工場の機械は24時間三六五日稼働しているので、どうしても故障してしまうことがあります。機械が動かなくなってしまった時に、製造ラインに大きく影響が出てしまうので、すぐに我々で修理を行います。工務課は基本的に2人で仕事をこなしており、機械トラブルを未然に防いで、安定した生産を行えるよう日々頑張っています。

「実践しながら仕事を覚えた」

入社してからのことを教えてください。

 製造ラインはずっと動いているので、機械を止めて覚えたり、教えてもらうことはできないため、実践しながら仕事を覚えていくことが多かったです。工場の状況を見て回り、困ったことがあれば、対応するという流れです。製造の人達と直接かかわることがほとんど無く、困っているときに助けてあげられるような修理屋さんという感じです。入社してから年月は経っていますが、仕事自体は慣れてはいないです。常に機械がどういう状況になるかわからないので、緊張感をもって仕事をしています。

「自分から感想を聞き行くことも」

この仕事のやりがいや魅力はどんなところですか?

弊社工場の機械は古い機械も多いので、動かなくなることもたくさんあります。機械が壊れ、「○○が動
かない」言われた時に、どの部分が故障しているかは、だいたいは検討がつきます。一回機械をばらし、自分が思う故障原因の箇所を調べていき、見事に自分の予想通りの故障だった時はすごく嬉しいです。もう一つ、製造現場から「道具を作ってほしい」という依頼があり、漠然としたイメージをうまく形にできた時が嬉しいです。現場の人に実際に使ってもらって、「こういうのが欲しかった」などの意見を言われるとすごく嬉しいです。現場は忙しいので、なかなか感想を聞くことができない場合が多いのですが、
その場合は、自分から感想を聞きにいき、今後の改善に役立てています。

「一緒に働ける仲間をつくりたい」

今後この会社でどうしていこうと考えていますか?

 今の現状でいうと、機械トラブルでまだまだ不明な故障も多く、対応ができず、バタバタしてしまうことがあります。もっと機械修理をこなし、技術を磨いていった結果、余裕をもって仕事できている自分になれたら良いなと思います。そして、工務課は工場内の細かい仕事もたくさんあるので、一緒に働ける仲間をつくりたいです。人が増えて業務を分担できれば、余裕をもった働き方ができると思うので、その点も頭に入れながら働きたいです。

㈱とかち帯広ヤマザキ
業種 調理パン、米飯類、菓子パン類の製造販売
電話番号 0155-37-5711