㈱フタバ製麺 松平 敏行さん

Posted on Posted in 人・企業ピックアップ, 道北(宗谷・留萌地方)
 松平 敏行さん
企業 ㈱フタバ製麺
部署名 製造部
名前 松平 敏行さん
年齢 38歳
勤続年数 6ヶ月


「安定的に働きたかった」

なぜこの会社に就職されましたか?

  私は、留萌出身の留萌育ちです。高校卒業後、地元留萌で土木業の会社に勤めた後、前職は運送ドライバーを11年やっており、そのうち7年間羽幌で勤務していました。運送ドライバーをしていた頃は、時期により残業が多く子供の顔を見ることができないなんてこともあり、地元に帰り安定的に働きたいと考えていました。フタバ製麺には、前職の運送ドライバーをしている時に、商品を運ぶため毎日定時集荷に訪れていました。働く直接のきっかけは現会長との出会いです。集荷に訪れた時に、地元に戻りたいので、働かせてほしいとお願いしたところ、快く受け入れてくれました。製造業で働いたことはないですが、頑張ろうという気持ちで入社しました。

「道産食材にこだわった商品」

この会社はどんな会社ですか?

  道産食材を使うことにこだわり、パスタ、そうめん、うどん、そばを製麺している会社です。創業当時から他の会社にはできないことにチャレンジするという思いを胸に、柔軟な発想や独創的なアイデアを大事にしています。その中で弊社の主力商品は、留萌産の原料でおいしい麺をつくりたいという思いを実現させた生パスタ「ルルロッソ」です。留萌では、平成20年「るもいブランド小麦生産推進プロジェクト」が立ち上がると、他生産地に負けない新しい小麦産地をつくろうと努力を続けてきました。その超硬質の留萌産小麦ルルロッソを使うことで、豊かな風味とコシを楽しめるように仕上がっており、イタリアンレストランやホテルからご注文を頂いています。

「前職とは違い、決まった時間で働ける」

仕事内容を教えてください。

  入社当時は、機械操作をすることもなく、機械の掃除をしていました。麺の生地はすべて機械で練っており、私は麺づくりに必要な粉と水を必要な分量用意しています。まだ機械操作までは習得しておらず、社長が練ったうどんを茹でて水で絞めて袋に詰める作業や、梱包した袋に賞味期限を印字する作業を行っています。入社してまだ間もない私は、社長や先輩の姿を見て仕事を覚えている段階です。勤務体系は朝7時から17時までの勤務です。運送ドライバーをしていた頃は残業で遅く帰宅することも多かったのですが、現在では決まった時間に帰宅できているので勤務時間にとても満足しています。

「発想やアイディアを大切にしている会社」

この仕事のやりがいや魅力はどんなところですか?

フタバ製麺は、ほかにはできないことにチャレンジするという思いを胸に、道産小麦をはじめとする地元食材をいち早く使用したり、味の違いを出すために気温の低い北海道では難しいと言われている手延べ製法を用いるなど、柔軟な発想や独創的なアイディアを何より大切にしています。また、留萌では暑寒別川の綺麗な伏流水をくみ取れる環境にあり、資源にも恵まれています。フタバ製麺の製品は素材・製法・環境の3つが合わさり、独自のコシやすっきりした味わいを生み出すことができるのが、弊社の最大の魅力です。

「機械を使っていても、最後は職人の仕事」

今後この会社でどうしていこうと考えていますか?

今後、粉と水の調合をできるようになりたいです。現在は調合を担当する従業員が限られており、私が調合業務を行えて、機械で生地を練ることができると業務効率が上がるのでどんどん覚えていきたいです。でもそれは簡単なことではなく、手の感覚で生地の堅さを見極める職人の仕事です。社長も会長の仕事をしている姿を見て実践の中で仕事を覚えたそうです。経験値が大事になってくる仕事なので、私も経験を積み、いち早く良い麺づくりができるようになりたいです。ここに勤めている人は長く働いている方が多く、人間関係もアットホームな雰囲気で働きやすい環境なので、ずっとこの会社で頑張っていきたいです。

㈱フタバ製麺
業種 製麺業
電話番号 0164-42-1699